生理前の不快な症状をやわらげる対策とは

生理前のイライラや憂鬱などの不快な症状は、月経前症候群またはPMSと呼ばれていて、その状態には個人差があるようです。
基礎体温を測ったり、カレンダーでチェックをして、そろそろ不快な症状が出てくると分っていても、それをコントロールするのは難しいものです。
原因としては生活習慣やホルモンバランスの乱れ、骨盤の歪みなども関係していると言われています。
PMSの解消術は、冷たい飲み物を控えて体を冷やさないことや軽い運動やストレッチをおこなったりして、血流が滞ることを防ぐとよいとされています。
また、普段からストレスを溜め込まないようにしたり、ハーブティーを飲んでリラックスするのもおすすめです。
それでも、イライラが溜まって周囲の人に当り散らしたりするなら、漢方やハーブの力を借りるとよいでしょう。
最近はハーブを主体としたPMSのためのサプリメントもいくつか発売されています。
頭痛や冷えによいとされているチェストツリーが配合されているものや、月経痛を緩和するとされる月見草オイル、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする大豆イソフラボンが配合されているものなどがあります。
自分の症状と照らし合わせて、一番適したものを選びたいものです。