過去のキャッシングでブラックリストに登録されていないかを確認する方法

過去にキャッシングを利用して返済を滞納した経験がある人の中には、自分がブラックリストに登録されているのか不安に思っている人もいるでしょう。
ブラックリストに登録されてしまうと、今後数年間は金融機関から融資を受けることができなくなってしまいます。
実は、自分がブラックリストに登録されているかどうかを確かめることができます。
ブラックリストとは正確には金融事故情報のことで、ブラックリストに登録されるという状態は個人信用情報機関に過去の金融事故の情報が記載されている状態のことを意味します。
個人信用情報機関にはKSC(全国銀行個人信用情報センター)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、JICC(株式会社日本信用情報機構)の3つが存在しています。
これらの情報機関に開示請求を行うことで個人の信用情報を閲覧することができます。
なお、KSCは銀行を利用した人の信用情報、CICはクレジットカードを利用した人の信用情報、JICCは消費者金融を利用した人の信用情報をそれぞれ扱っていて、それぞれの情報は共有していません。
ですから、万全を期すためには3つそれぞれに開示請求を行うことが必要になります。