社会貢献を積極的に行うエクセルヒューマンとその社員

エクセルヒューマンという会社は、堺市に本社を置く製造小売企業です。
50年という激動の歳月を乗り越え、社会に人の役に立つものを提供してきました。
その精神が現在も脈々と受け継がれ、今日行っている社会貢献事業に繋がっているのだと思います。
社会事業としては次のような取り組みを行っています。
Jリーグのヴィセル神戸のスポンサーとなり、神戸の震災遺児や福祉施設で育った子供達への未来の希望を持ってもらうためスポーツ観戦を招待します。
大阪で3番目に大きいサッカーチームであるFC大阪のトップパートナーとなり、上部団体への昇格をサポートしています。
それにより多くの人たちの夢と希望を与えることになります。
日本がん協会のがん撲滅のサポートをしています。
日本の歴史的文化財の障壁画の保存事業を支援しています。
大阪府の堺市が生んだ千利休の茶室を復元するプロジェクトに参加しています。
文学の面では、与謝野晶子の短歌文学賞に特別協賛しています。
日本ストリートダンス認定協議会のオフィシャルパートナーになっています。
地元堺市を盛り上げるために堺祭りにも協賛しています。
太陽光発電システムを会社の事業所に設置し、環境に優しい企業を目指しています。
これらの取り組みは、社会にとって必要な企業であり続けたいという気持ちの表れだと思います。
企業が発展し社会にそれを還元するサイクルは、企業発展には欠かせない真理だと思います。
それをエクセルヒューマンは、社風に取り入れ体現しています。
成長する企業はそういう会社が多いと聞きます。