歯も赤ちゃんもどちらも大事だから

妊婦の歯科治療にも力を入れている長尾歯科クリニックは、妊娠中に使えないお薬や、出来ない治療などを熟知していますので、お腹の中の赤ちゃんにも安全に安心してもらえるような治療を長尾歯科クリニックで受けることが出来ます。“一子を産むと一歯を失う”という位、10ヶ月の間に赤ちゃんは母体からカルシウムを奪い取ります。お母さんが妊娠中に長尾歯科クリニックにかかるのはそのせいなのです。妊娠が安定する期間に入ったら、虫歯が無くても  長尾歯科クリニックで検診を受けましょう。一度赤ちゃんが生まれると長尾歯科クリニックに行く時間さえ無くなってしまうかもしれないというのも、妊娠中の間に長尾クリニックを訪れて欲しい理由の一つです。合わせて読みたい情報:CLICK HERE