交通事故で後遺症が残ってしまったら慰謝料で損をしないために弁護士に相談を

交通事故で後遺障害が残ってしまったら、精神的に受ける痛手の代償として入院と通院の分とは別に障害の分の慰謝料を損害賠償請求することかできます。
その金額は相手の保険会社との間で行う示談交渉の場で決めますが、ベースとなるのは後遺障害の等級の数字です。
後遺障害には等級という仕組みがあります。
これは、1から14までの級と、1級2級は要介護認定の有りなしでふたつに分かれる16のランクで障害の程度や状態を示す制度です。
後遺障害が残ってしまった場合の慰謝料の金額は等級に応じて決定されるので、障害にまつわる損害賠償請求をするには後遺障害の等級の認定を受けなくてはなりません。
後遺障害の等級認定は、医師の作成する診断書などを添えて自賠責保険の審査会に申請をします。
等級認定申請は、相手の保険会社に全面的に委託する事前認定と被害者自身で手続きをする被害者請求とふたつの手段があります。
事前認定で相手の保険会社に任せてしまえば手続き上は何もしなくてすむのですが、申請内容を知ることができないので認定されて等級についてクリアでない点が残る可能性もあります。
交通事故の後遺障害認定等級はその後の賠償金額を左右する大切なものですから、被害者請求で納得のいく手続きをしておくのが一番です。
交通事故に強い弁護士は、被害者請求による後遺障害の等級認定申請を親身にサポートしてくれます。
弁護士は被害者の味方として、後遺障害の等級認定申請に必要な医学的な知識も豊富に持っています。
さらに弁護士は、既に認定された障害の等級についても不当な部分があれば不服申し立てや再申請を行い、被害者が後遺障害慰謝料の金額で損をしないよう最大限の引き上げのために尽力してくれるはずです。

おすすめはコチラ